貸宅地・貸家建付地の相続評価

貸宅地等の評価方法

貸宅地の評価

貸宅地とは、借地権が付いている宅地のことをその土地の所有者からみた場合のものをいいます。貸宅地は、自分のものではあっても自由に処分することができない為、自用地と比べ評価額は低くなります。

借地権(定期借地権は除きます)の目的となっている宅地(貸宅地)の価額は、自用地価額から借地権価額を控除して評価します。

※自用地価額とは、借地権等の目的となっている土地が更地であるとした場合の評価額のことをいいます。

<計算式>
自用地価額-借地権価額=貸宅地価額

貸家建付地権の評価

貸家建付地とは、貸家の目的とされている宅地、つまり、自己の所有する土地に建築した建物を他の人に貸し付けている場合の土地のことをいいます。

貸家の敷地となっている宅地(底地)の価額は、自用地価額から借地権割合などを乗じた価額を控除して評価します。

<計算式>
自用地価額-(自用地価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合)=貸家建付地の価額

借家権割合は、通常30%(大阪の一部地域等は40%)です。賃貸割合は、その貸家の実際の賃貸状況で、満室となっている場合には100%となります。

遺言、相続の手続き...やらなくてはならない事が多くあります。
手続を進めたくても時間がない、何から始めればいいのか分からない
そんな悩みを一人で抱えてはいませんか?
宜しければそのお悩みを当事務所にご相談下さい。
最適な手続きをご提案し、問題解決のサポートを致します。

遺言・相続手続きのご相談受付

このページの先頭へ

相続・遺言の専門家 桜行政書士事務所

遺産相続 遺言 相続手続相談所
桜行政書士事務所
〒354-0045
埼玉県入間郡三芳町上富708
TEL:049-265-4273
e-mail:sakura@s-gyouseisyoshi.jp